wellegクリエイティブのフーコです。シューフィッターでもあります。

パンプスを履いたときに起こりやすい痛みと、その原因・対策についてお伝えしていきます。


 

パンプスって難しい…?

 

パンプスは、デザイン重視で選ぶ人が比較的多い靴です。

オシャレなパンプスを手に入れても、いざ履いてみると足が傷だらけ…というのはよくあること。

それには、以下のような原因があります。

 

甲部分が大きくあいているパンプスは、大まかには2箇所で足に固定されています。

 

①踵

②スロート(履き口)まわり

 

この2箇所がフィットしないと、カパカパしたり靴擦れが起きたりします。

 

全体重を支える足と、クッションとなる靴との固定箇所が、たったの2箇所!!

 

こう文字にしてしまうとパンプスって難しい…と思うかもしれませんが、気をつける点を押さえれば、快適に履くこともできます。

 

人の顔が全員違うように足の形も千差万別で、パンプスを履いて「痛い」と感じる原因も様々。

その中から、よく陥りがちな痛みの原因と対策を、5つの痛む部位にスポットを当ててご紹介します。

 


シューフィッターが伝えたい!
パンプスの「痛い」の原因(全5回)


1 踵が靴擦れして痛い ←今回はココ!


2 指が靴擦れして痛い


3 親指の付け根・小指の付け根が痛い(外反母趾・内反小趾)


4 足の裏にタコ・魚の目ができて痛い


5 パンプスと足の裏にスキマがあり、疲れて痛い


 

 

踵が靴擦れして痛い原因

 

1回目は、パンプスに限らず起こりがちな踵の靴擦れについて。

 

靴擦れというのは、文字通り足が靴と擦れて、水ぶくれができてしまうこと。

擦れるということは、足が靴の中で固定されずに動いているということです。

 

サイズは合っているのに何故? と思うかもしれませんが、全体的な足長や足囲などが合っていても、靴の各部位の形が足と合わないと、スキマができて足が動き、擦れてしまいます。

 

実は踵だけでも、細かく見るとかなり様々な原因がありますが、ここではよくある原因を2つに分けてお伝えします。

 

 

 

原因1 サイズが大きい

 

ほんの少しサイズが大きく、足が動いて靴と踵が擦れることで起こります。

 

「靴擦れ=サイズが小さい」という思い込みのある方が多く、更に大きいサイズを選んでしまいがちですが、実はむしろ靴が大きくて合っていない状態です。

 

何百人かの足を計測しましたが、大体7割くらいの人が実際に測った数値より自分の足が大きいと思い込んでいました。

 

もし測ったことがない方は、シューフィッターのいるお店で無料で計測してもらえるので、是非正しいサイズを知って靴を選ぶようにしてみてください。

基本的には足長で選ぶことをお勧めします。

 

 

勿論、足長だけでなく足囲が合わない場合もありますが、これは「2 指が靴擦れして痛い」に繋がることが多いので、また次回。

 

測ってもらうのはハードルが高い…という方は、簡易ですが自分で測る方法もこちらで紹介しています。

 

 

 

原因2 踵の形が合っていない

 

 

踵の形も人によって様々。まるく出っ張っていたり、すとんとしていたり、細かったり!

靴によって踵の形や角度、浅さも違うので、ここが足と合わないとホールド感が弱まり、足が動いて靴擦れの原因になります。

 

 

2つの原因への対策

 

では、これらの靴擦れへの対策です。

 

 

① 靴擦れ防止テープを使う

 

こちらは応急処置的な方法ではありますが、専用の商品が出ているくらいなので、すぐに試せる効果的なものでもあります。

 

絆創膏でもいいですが、どうしても見た目に不格好になりがち。肌なじみのいい色や透明のもので、自分で切って使えるのが便利ですね。

新しいパンプスを下ろして出かけるときなど、お守りとして1つカバンに入れておくと安心です。

 

 

② インソールを使う

 

踵が動かなくなるよう、足が前へ寄るのを防ぐインソールを使う方法。厚いものだと靴がきつくなってしまうため、薄めのハーフインソールを試してみるといいかもしれません。

owellegでも販売がありますが、安価で試しやすいものはお近くの100円ショップにも揃っています。

 

 

自分で切って使えると更に調整がしやすいですが、自分でインソールを合わせるのは実は意外と難しいもの。しっくりこなければ、こちらも専門家であるシューフィッターさんに相談してみるのも1つの手です。

 

 

また、足に合ったインソールを作ってくれるお店や、靴自体のインソールをカスタマイズしてくれる専門店などもあります。

相応の費用はかかりますが、どうしても履きたいパンプスがある…という場合、長く快適に履くことができる方法です。

 

 

足と靴の間にゆとりがある場合は、T字型で踵側に入れるタイプのインソールも市販されています。

 

 

 

奥深い足と靴の世界…これだけで完全に解決は難しいですが、改善はできるはず。

 

シューフィッターとしてはまだまだひよっこですが、少しでも皆様の快適なパンプスライフのお手伝いができればと願っています。

 

 


 

   

 

▶ インソールを探す

▶ 靴ずれ防止グッズを探す

 

 


 

 
  • おトク情報配信
  • 正しいサイズの測り方
  • インスタライブ情報
  • 特集
  • あしがキレイになる!?スタッフブログ
  • サイズ交換初回片道送料無料
 

営業日カレンダー

SHOPPING FLOW
お買い物の流れ

当店のお買い物の流れをご案内します。