はじめまして。Wellegマーケティング担当のりぃです。

日々子育て奮闘中の、育休明けほやほやのママスタッフです。


出産前の準備がおすすめ!
お宮参りシューズ

今回はお宮参りのシューズについてお話します!

お宮参り(初宮参り)は、生後1ヶ月ごろに行う、赤ちゃんの健やかな健康を願ってお参りをする行事ですよね。

 

生後間もない間は赤ちゃんのお世話が大変!出産前の早めのタイミングに準備しておくことがおすすめです。

準備していなかった私は困ったことに!何が起きたかは記事の最後に書きますのでお楽しみに・・・

 

目次


1 産後の体にやさしく、歩きやすいもの


2 赤ちゃんを抱っこしても安心なローヒール


3 服装にあったキレイ目デザイン


4 サイズは出産後に再確認


 

1 産後の体にやさしく、歩きやすいもの

この時期は体が出産から回復できていなく毎日ヘトヘトですよね。

長時間のお出かけでも疲れないように、クッション性のあるものや、柔らかい素材感のものがおすすめです!

 

 

 

2 赤ちゃんを抱っこしても安心なローヒール

まだ首が据わっていない赤ちゃんを連れてのお出かけは大変。

また、ヒールの高い靴をはいていると、ママが平気でも周りの人が不安に感じることも。

ヒールの高さはローヒールやぺたんこが必須です。

 

 

3 服装にあったキレイめデザイン

お宮参りの服装は、男性はスーツ、女性はスーツやワンピースが一般的です。

また、お参りする服装ですので、派手すぎるカラーや動物柄はNGとされています。

服装に合わせて、靴も装飾が少なく、黒やベージュなどのシンプルなものが良いとされています。

 

 

 

4 サイズは出産後に再確認

妊娠中や出産後間もない頃は、体型が変わったり、むくみがあったりと、普段と比べて足のサイズが変わってしまうことも。

 

実際にその時になってみないとサイズ感は分かりませんよね。

そんな時に便利なのがネットショップ!

気になるものを出産前に「お気に入り」登録しておいて、産後サイズを確認してから購入すると簡単です。

また、シャーリングデザインのものだと少しサイズが変わっても快適に履くことができます。

 

 

▼お宮参りにおすすめのWellegシューズはこちら▼

 

 

さて、お宮参り前日わが家に何が起きたかというと。

靴箱からパンプスを出し、試しに履いてみると、産後のむくみにより靴に足を入れることすらできなかったのです!!

 

今から新しい靴を注文しても間に合わない、赤ちゃんを連れて買い物に行く訳にもいかない・・・とても慌てましたが、母が私よりも1cmほど大きいサイズだった事を思い出し、ことなきを得たのでした。

皆さまにはぜひ早めのご準備をおすすめいたします。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 
  • おトク情報配信
  • インスタライブ情報
  • 特集
  • サイズ交換初回片道送料無料
 

営業日カレンダー

SHOPPING FLOW
お買い物の流れ

当店のお買い物の流れをご案内します。