ホーム > 特集 > パンプスの選び方



パンプスの選び方
わたしのための1足


パンプスを履くことを「痛い」「疲れる」と感じるなら、それは自分のあしにあったパンプスを選べていないせいかもしれません。
足のかたちやお悩みは人それぞれ。パンプスも、選び方のポイントが違ってきます。
痛くない、疲れない、しっくりと足に馴染む。そんな運命の一足に出会っていただけますように。

サイズ選びのポイント


実は、自分のあしのサイズを誤解している人は意外に多いのです。
大きいサイズをぴったりサイズと思い込んでいたり、幅広だと思っていたら幅狭だったり。実際に測ってみると、新しい発見があるかもしれません。
ぴったりのパンプスを見つける第一歩は、自分のあしを知ることから始まるのです。

正しいサイズを知ろう

今一度、あしのサイズを見直してみましょう。
足長と足囲を計測することで、JIS規格に基づいた正しいサイズを算出することができます。

サイズの計測の仕方

- 準備物
厚みのある本・A4サイズの紙・セロハンテープ・ボールペン・はさみ

- 計測場所
床は硬く、凹凸のない場所


あしのサイズの測り方

まずは【足長】を測ります。
A4用紙の中央に縦線を引き、壁に紙を縦長に固定します。
縦線に人差し指とかかとを合わてください。


あしのサイズの測り方

本を縦線に対して垂直に置き、つま先の位置に印をつけます。
かかとから印をつけたつま先の位置までの長さ、これが【足長】です。


あしのサイズの測り方

次に、【足囲】を測ります。
A4用紙を1cmほどの幅で、縦長に切ってください。


あしのサイズの測り方

紙の上に、親指側のでっぱりと小指側のでっぱりが来るように足を置きます。
そのまま紙を足に巻きつけるように一周させ、紙が交わった位置に印を付けます。
この長さが【足囲】です。


足長と足囲の寸法が分かったら、ワイズ表からご自身の足のサイズを探してみてくださいね。

ワイズ表の見方 >>





足の形とトゥ

指が長い人、幅の広い人、厚みのある人……あしの形は人それぞれ違いますが、つま先の形によって、大きく3つのタイプに分けることができます
それぞれに特徴があり、あしの形と靴の相性によって、快適に履けるパンプスのデザインが変わってきます。


ギリシャ型

人差し指が親指より長いのが特徴。人差し指を頂点につま先が三角形をしています。
ポインテッドトゥ・ラウンドトゥがおすすめです。


エジプト型

親指が一番長いのが特徴。日本人に一番多くみられるタイプです。
ラウンドトゥ・スクエアトゥがおすすめです。


スクエア型

指の長さがほぼ同じで、全体的に四角い形をしています。日本人では珍しいタイプです。
ラウンドトゥ・スクエアトゥがおすすめです。

パンプスの種類


どんなパンプスを履きたいのか、具体的に説明をするのが難しいものです。
ネットショップでの検索も同じで「一体、何のワードで検索すれば、欲しい靴が見つかるの?」と、困ったこともあるのではないでしょうか?
ここではパンプス選びに役立つ、デザインの名称や、それぞれの特徴・機能をご紹介します。

トゥの種類から見つける

トゥの形は大きく分けて4種類あります。
ポインテッドやスクエアの度合いによって、細かく分けられる場合もありますが、まずは基本的な4つの形をご紹介します。

ポインテッドトゥ

ポインテッドトゥ
特徴
三角に尖った形のトゥ。定番のスタイルとして長く使えます。クールですっきりした印象になります。

おすすめシーン
きちんと見せたいビジネスシーンや、特別感のある装いをしたい結婚式におすすめです。

ラウンドトゥ

ラウンドトゥ
特徴
コロンとまあるい円形のトゥ。フェミニンでかわいらしい印象になります。

おすすめシーン
女性らしく装いたいときのスカートスタイルや、リラックス度高めのコーデにぴったりです。

スクエアトゥ

スクエアトゥ
特徴
台形のような形の四角いトゥ。レトロでクラシカルな印象になります。現在のトレンドでもあり、つま先をステッチで縫ったデザインや真四角に近いデザインなど、種類が増えています。

おすすめシーン
トレンド感を意識したい職場のオフィススタイルや女子会には、ぜひ取り入れたいデザインです。

オープントゥ

オープントゥ
特徴
つま先が覆われていないデザイン。そのぶん通気性がよく、蒸れにくく快適です。

おすすめシーン
初夏にはサンダルライクなスタイルを楽しめます。結婚式では着用NGなので注意が必要です。


パンプスのデザインから探す


プレーンパンプス

プレーンパンプス
特徴
もっともベーシックな形のパンプス。定番で、シーンを問わず使いやすいデザインです。

メリット
トレンドに左右されない
冬は暖かい

デメリット
むくむと窮屈に感じる
夏は蒸れやすい

セパレートパンプス

セパレートパンプス
特徴
つま先とかかとを覆うデザイン。サイドは空いており、足首をストラップで留めるタイプが主流です。

メリット
脚がきれいに見える
蒸れにくい

デメリット
靴下コーデに不向き

サイドオープンパンプス

サイドオープンパンプス
特徴
片側だけがオープンになった変形デザイン。

メリット
肌見せで抜け感をプラスできる/おしゃれに見える

デメリット
使用シーンを選ぶ

アンクルストラップパンプス

アンクルストラップパンプス
特徴
足首を固定するストラップが付いたパンプス。留め具はサッと着脱しやすいS字フックがおすすめです。

メリット
足首が華奢に見える
脱げにくい

デメリット
ストラップを留めるひと手間が必要

甲ストラップパンプス

甲ストラップパンプス
特徴
甲を固定するストラップ付。2連タイプやT字ストラップなどさまざまなデザインが見られます。

メリット
靴とのフィット感が高まる/脱げにくい

デメリット
ストラップを留めるひと手間が必要

バックストラップパンプス

バックストラップパンプス
特徴
ミュールのようにかかとがオープンなバックレスタイプ。かかとを通るストラップで足を固定します。

メリット
蒸れにくい
かかとがパカパカしない

デメリット
冬は寒い


ヒールの高さ

どれくらいの高さのヒールを選ぶかは、使用目的や着用シーンによっても変わってきます。
フラットでカジュアルな靴がワンマイルシューズとして人気ですが、ビジネスやパーティなどのフォーマルな場ではヒールのあるパンプスがベターとされています。

妊婦さんやヒール靴に慣れていない方は無理をする必要はありません。TPOは意識しつつ、自分が無理なく歩けると感じるヒール高を選ぶのがベストです。


フラットヒール(ぺたんこ)

フラットヒール
カジュアル度高めのぺたんこパンプス。履いた時の違和感がなく、誰でも挑戦しやすいので、妊婦さんやお子さま連れでも安心です。

ローヒール(1〜2cm)

ローヒール
普段はヒールを履かない人も挑戦しやすい高さ。少しのヒールがあることで前傾姿勢を自然に作ってくれるので、踏み出しやすくなり、歩行がサポートされるというメリットも。

ミドルヒール(3〜5cm)

ミドルヒール
お仕事にも普段使いにも対応でき、使い回しがしやすい、オールマイティーなヒールの高さです。1足は持っていて損はないタイプです。

ハイヒール(7cm〜)

ハイヒール
きちんと感があり、特別な日やお呼ばれにもぴったり。7pヒールは日本人女性が履いて最もバランスが良いと言われる高さ。正しく履けば姿勢もよく見え、スタイルアップ効果も期待できます。


ライフスタイルに合わせて選ぶ


プレママ・子育て中

おなかで大切な命を育てている妊婦さんや、小さなお子さまを抱っこすることも多い子育てママは、転倒防止を意識してぺたんこ靴をセレクト。
おなかが大きくて足元が見づらかったり、乳幼児連れのお出かけは荷物が多くなったりするので、脱ぎ履きのときに手を使ったり屈んだりするのも避けたいところ。ストラップやシューレースのない、スポッと履けるタイプが重宝します。
お子さまが抱っこを卒業したら、次は走り回るお子さまの後を追いかけることが増えるので、ぺたんこパンプスは長い期間大活躍してくれますよ。

ママにおすすめをもっとみる >>




卒入学・セレモニー

お子さまが主役のセレモニーでは、セミフォーマルかつベーシックな装いで主役を引き立てましょう
卒業式なら格式を感じさせる黒、入学式には春らしさを意識した白っぽいお色のスーツが主流。足元のカラーも冒険せず、黒やアイボリー・ベージュ・グレーなどのモノクロやニュアンスカラーが使いやすいです。
普段パンプスを履かないなら、ヒールの高さは無理をしなくても大丈夫。 3p〜5pほどのミドルヒールを選べば、セレモニーの一度きりでなく、その後のお出かけやお仕事にも活躍してくれるのでおすすめです。

卒入学パンプスをもっとみる >>




パーティ・結婚式

大切な人のお祝いの場では、ドレスだけでなく、足元にも気を使ったコーディネートで臨みたいですね。
結婚式では、カジュアルな素材やチャンキーヒールのほか、殺生を連想されるファーやアニマル柄などもNG。ドレスに合わせて、パンプスも格式高くきちんと感があるものを選んで、お式を華やかに引き立てましょう。お色や装飾などドレスとのバランスも大切に、トータルコーディネートを心がけましょう。

パーティ・結婚式パンプスをもっとみる >>




お仕事

お仕事パンプスは、ビジネスシーンにマッチするデザインや機能性をまずはチェック。
外回りや立ち仕事の多いお仕事なら、歩きやすさや疲れにくさはパフォーマンスを維持するためにも大切。あなたの足にぴったり合った「疲れない」1足を厳選しましょう。
周囲への配慮として、ヒールのカツカツ音が気になる、という方も多いですね。

お仕事パンプスをもっとみる >>


カツカツ音がしにくいパンプス >>




雨の日

お天気は予測不能なことも多く、急な雨に悩まされることもしばしば。 とくに梅雨や秋雨の時期は、パンプスの中に水がしみ込んで不快な履き心地にうんざりした経験もあるのではないでしょうか。
そんなときには、晴雨兼用で使えるパンプスがお役立ち!防水加工を施してあるので、急な雨に見舞われても、雨水に浸水されてしまう心配もありません。
また逆に、雨降り予報に反して、晴れてしまうことがあってもOK。いかにもレインシューズ!なデザインではなく、見た目は普通のパンプスと同じなので、予報外れでおしゃれが台無しになる心配も不要です。

雨の日パンプスをもっとみる >>







現在登録されている商品はありません